10/11(土) 府中アスレティックFC vs. フウガドールすみだ 試合の見どころ

2014年10月10日

いつも府中アスレティックFCへご声援をありがとうございます。10月11日(土)は、府中市立総合体育館にてinゼリーFリーグ2014/2015第17節 vs.フウガドールすみだが開催されます。7月に行われた第3節では、残り時間30秒で決勝ゴールを許して敗戦。フウガドールすみだのFリーグ初勝利を献上するという耐え難い結果となりました。それだけにホームアリーナに迎える今節は絶対に負けるわけにはいきません。絶対に負けられない戦いを迎えるアスレ。この試合はリーグ戦の1試合ではなく、互いの意地とプライドをかけた一戦となる!!ホームアリーナで“フットサルの街・府中”の力を見せつけよう!!

20141009-05

■inゼリーFリーグ2014/2015 第17節フウガドールすみだ戦のチケットが好評発売中!!
チケットのご購入方法はこちらをご参照ください。

■試合会場へのアクセスはこちら
第17節 vs.フウガドールすみだは府中市立総合体育館で17時キックオフ!!

【10/11 府中アスレティックFC vs.フウガドールすみだ 試合の見どころ】

前節はデウソン神戸に終盤パワープレーから同点に追いつかれあと一歩のところで勝利を逃したアスレ。上位5チームに与えられるプレーオフ進出へ向けてここからが正念場となる。特に勝点18で並んでいるフウガドールすみだには負けることは許されない。アスレの前プレは依然として高い破壊力を秘めているが、神戸戦では4失点とプレスを回避された際に守備にはまだまだ改善の余地がありそうだ。また、町田戦・神戸戦と終盤に相手のパワープレーから失点を許している。パワープレーの守備には依然として課題が残るが、対戦相手はフウガドールすみだ。哲学を変えてまでパワープレーをしてくることは考えにくい。アスレは激しい守備から主導権を握り、フウガを圧倒したい。フウガの前プレ、カウンターは脅威となるがどちらが自分のストロングポイントを発揮できるかが勝敗を左右しそうだ。

一方のフウガドールすみだは、現在3連敗中と苦しんでいる。北海道・大分・浦安と上位との対戦だったとはいえここ3試合で3得点と得点力に不安を抱えている。しかし、彼らはフウガドールすみだ。これまでも追い込まれてきた場面でその底知れぬ力をみせてきた。そしてその姿が多くのフットサルファンの記憶に刻み込まれ魅了してきたのだ。隙を見せれば一気に主導権を奪われてしまう危険な相手だ。
中でもすみだのエースとして君臨する太見寿人選手は要注意。彼に良い形でボールが収まった時、フウガドールすみだの攻撃が始まると言っても過言ではない。他にもフットサル日本代表候補にも選ばれている宮崎暁選手、リーグの注目の若手である田村佳翔選手など個々のタレントは豊富だ。大阪時代から剛史と激しいバトルを繰り広げてきた一木秀之選手からも目が離せない。

“ブレるな、貫け!”苦しみながらも築き上げてきた『府中スタイル』でフウガドールすみだをねじ伏せ、失ったプライドを取り戻せ!フウガドールすみだにだけは負けられない!!フットサルの街・府中のすべてで迎え撃とう!!勝つのは俺たちだ!!

【GM恭平の注目監督】

20140818-03

いつも応援ありがとうございます。前節の神戸戦ではあと一歩のところで勝利を逃してしまいファンの皆さんには非常に悔しい思いをさせてしまったのではないでしょうか・・・。そうです、何を隠そう私もとても悔しいのです。ただ、同時にチームが確実に前進している手応えも感じることができました。ここからプレーオフ進出へ向けて負けられない大一番が続きます。むしろこの状況を楽しんでしまわなければなりません。ハラハラドキドキの後半戦に皆さんもお付き合いくださいね!

さて、今節は府中市制施行60周年記念とBOAT RACE 平和島の60周年記念試合となります。私も府中っ子のひとりとして、この試合をぜひとも勝利で飾りたいと燃えております。

今回我々が迎え撃つのはフウガドールすみだです。新規参入チームながら非常に厄介な相手です。何より第3節でアスレが彼らのFリーグ初勝利を献上してしまったという非常に悔しい思いもしています。府中市の60周年というお祝いのためだけでなく、我々は意地とプライドにかけて負けることは許されないのです。
“絶対に負けられない戦い”フウガドールすみだ戦はフットサル界の未来を担う二人の指導者に注目です。それはもちろん谷本俊介監督と須賀雄大監督です。私は二人とも長い付き合いなのですが、実は彼らが同い年と知ったのはつい最近のことでした。

20141009-01  20141009-02

須賀監督は、今や日本のフットサル界では知らない人はいない監督とも言えます。彼は学生時代にフットサルに魅せられ、これまで貪欲に学び、努力を重ねることで指導者としての才能を磨いてきました。
これは裏話なのですが、実は今から7、8年ほど前にこれからの将来について私に相談を持ちかけてきました。さっそく会おうということになり、仕事の合間に青山でピザを食べながらお互いにフットサルへの情熱・夢を語り合いました。そこで何を話したのか、今となってはすべては覚えていませんが、彼と同じ夢を共有したことは今でもハッキリと覚えています。

「フットサルを将来夢のある競技にしよう!」つまり、「フットサルというスポーツを“職業”として確立しよう!」というような話だった訳です。

その後、彼は多くの経験を積み勉強を重ね、日本を代表する若手の指導者になりました。私もこのフットサルというスポーツを中心に生活を送っています。そういう意味ではお互いにあの日語り合った夢の実現に向かって前進し続けているのではないでしょうか。

20141009-04  20141009-09

一方、もう一人困った男がその後、やってきます。谷本俊介この男です。彼との最初の出会いは2009年2月に初めて開催された第1回公認フットサルC級コーチ養成講習会。JFAフットサル委員会のメンバーとして、私はこの養成講習会の立ち上げ責任者でした。そこに最年少メンバーとして参加した彼は当時はたしかまだ大学院生でしたが、「フットサルを学びたい!」という情熱に溢れた青年だったことを良く覚えています。講習会終了後、第1回の講習会を無事に終えホッとしていた私に彼は声をかけてきました。

「自分はもっとフットサルを学びたいと思っています。自分にできることがあれば、何でも言ってください。今度東京に出て行くかもしれません。」

彼の真っ直ぐな目は今でも鮮明に覚えています。その後、何度もメールや電話をもらうもつれない返事をしているうちに、「本当に東京にやってきました。(元気よく)」
私のその時の正直な感想は、「えっ!おいおい俺は頼んではいないよね~。」と思いつつ私の夢にアリ地獄のごとく落ちていく谷本青年は、アスレの運営と下部組織の指導に尽力を尽くす羽目になったという訳です。
その後、彼はサテライトチームのコーチを務めながら、事務局のスタッフとしても明るく・前向きな姿勢を貫き、クラブの発展に大きく貢献してくれました。そして今ではトップチームの監督を務め、言い訳のできない“勝負の世界”で戦っています。

今節はその二人が日本のフットサル界の最高峰の舞台であるFリーグで相見えます。アスレのGMという立場を抜きに語るのであれば、とても楽しみでなりません。二人の若い指導者がどんなフットサルを見せてくれるのか?アスレファン、フウガファンに関わらず、多くのフットサルファンにぜひ観ていただきたい注目の一戦です。

ときれいごとだけでは納得いかないあなた・・・

ここでアスレのGM・中村恭平に戻らせていただきます。我々は第3節にフウガドールすみだにFリーグ初勝利を献上してしまいました。あの時の敗戦は非常に悔しい思いでいっぱいでした。そしてあの悔しさを忘れてはいません。
フウガドールすみだの皆さん、そして須賀君。監督経験のあるGM付の府中は完璧なスカウティングであなた方を迎え撃ちます。今回は2対1で数的優位なのです。つまり戦術、そして須賀監督の思考、フウガドールすみだの隅々まで調べ上げ、あなた方はすでに丸裸です。覚悟してホームアリーナへお越しください!!(台風来ているから気をつけてね・・・。)

最後に、フットサル指導者の先輩として、若い二人の指導者にアドバイスを送ります。
・学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない(ロジェ・ルメール)
・自分が楽しむことができないならば、人を楽しませることはできない(なかむらきょうへい)

谷本監督、須賀監督。この試合で二人は、またたくさん学ぶことがあるでしょう。失敗を恐れずチャレンジしてほしい!!そして、この試合を誰よりも二人が一番楽しんでもらいたい!きっと楽しむ姿勢こそがすべての観客を魅了し、フットサルというスポーツをより高みへ導くことになると信じます。フットサルに魅せられ、その情熱を注いで成長してきた二人の対決を心から楽しみにしています。

【アスレとフウガドールすみだ】

20141009-06  20141009-07

関東リーグ時代は何度も対戦したことがある両チームだが、アスレがFリーグに昇格して以降は公式戦での対戦は2試合。2009シーズンと2012シーズンに開催したプレシーズンマッチだけだ。
2009シーズン、駒沢屋内球技場で開催されたプレシーズンマッチでは上澤貴憲の得点で先制するも太見寿人選手と星龍太選手(現名古屋)にゴールを奪われ、地域リーグのチームながら全日本フットサル選手権を制したばかりのフウガ東京(現フウガドールすみだ)に敗れた。
2012シーズン、同じく駒沢屋内球技場で開催したプレシーズンマッチ・MAD-CROC MATCH DAYでは、宮田義人の2得点などで6-3でアスレがフウガすみだ完勝。Fリーグ昇格から4年。Fリーグチームと地域リーグチームの力の差を見せつけるような圧倒的な内容だった。
Fリーグの舞台でホームアリーナにフウガドールすみだを迎えるのは今節が初めて。これから幾度となく戦うであろう両チームにとって、何年先でも語り継がれるような名勝負を期待したい。

チケットのご購入はこちら

02 (3)

スマホチケットのご購入はこちら

tixee_top


DUARIG Fリーグ
2017/2018 順位表
(第10節終了時点)

順位 チーム 勝点 得失
1 名古屋 28 36
2 湘南 24 17
3 大阪 20 18
4 府中 20 7
5 町田 19 9
6 すみだ 18 12
7 北海道 12 -9
8 浦安 11 -2
9 浜松 9 -9
10 神戸 6 -24
11 大分 5 -23
12 仙台 0 -32

今後のフットサル男子
トップチーム試合予定


2017/8/19 17:00

DUARIG Fリーグ2017/2018 11
@府中市立総合体育館

2017/8/26 15:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 12
@浦安市総合体育館

フットサル男子
トップチーム選手紹介

09_miyata_2017
名前:宮田 義人
ポジション:FIXO
血液型:O型
15_hida_2017
名前:飛騨 龍典
ポジション:
血液型:
05_minamoto_2017
名前:皆本 晃
ポジション:FIXO.ALA
血液型:O