フットサルトップチームの2018年度以降のFリーグにおける取り組みについて

2017年12月27日

いつも府中アスレティックフットボールクラブへのご声援ありがとうございます。
先月開催された日本フットサルリーグ(Fリーグ)実行委員会におきまして、弊クラブフットサルトップチームの「ホームタウン」、「ホームアリーナ」、及び「チーム呼称 / 略称」を、2018年度より下記の通り変更することが承認されましたので、皆様にご報告させていただきます。

●ホームタウン
・変更前(~2017年度): 東京都府中市
・変更後(2018年度~): 東京都府中市、立川市

●ホームアリーナ
・変更前(~2017年度): 府中市立総合体育館
・変更後(2018年度~): アリーナ立川立飛
所在地  〒190-0015 東京都立川市泉町500番4
アクセス 多摩都市モノレール「立飛駅」下車徒歩1分

●チーム呼称/略称
・変更前(~2017年度): 府中アスレティックFC / 府中
・変更後(2018年度~): 立川・府中アスレティックFC / 立川・府中

これに伴い、立川・府中アスレティックFCの2018/2019シーズン以降のFリーグホームゲームは、主にアリーナ立川立飛にて開催させていただくこととなります。

上記の変更は、本年4月に弊クラブの公式サイト*を通じてご報告させていただきました府中市立総合体育館のピッチサイズの問題に起因するもので、Fリーグの規定を満たさない同体育館の代替施設として、府中市と東京都と交渉を進めて参りました武蔵野の森総合スポーツプラザの使用についても諸事情により認められなかったことから、立川市を2つめのホームタウンとして登録させていただいた上で、アリーナ立川立飛を弊クラブフットサルトップチームのホームアリーナとする運びとなりました。
本年9月以降のFリーグホームゲーム開催に関するご報告

今後も、NPO法人を運営母体とする弊クラブの軸足は府中市に残しながら、2つめのホームタウンとなる立川市においても、Fリーグのホームゲームを中心として、地域の皆様と共にフットサルの普及・発展に全力で取り組んでいく所存です。

これまで弊クラブの活動、取り組みに対して、ご支援・ご協力いただいておりました皆様、今後とも引き続きよろしくお願いいたします。弊クラブといたしましては、今後も、フットサルトップチームの国際交流フレンドリーマッチや、日本女子フットサルリーグ所属の女子トップチーム(プリメイラ)の公式戦、関東フットサルリーグ所属のサテライトチームの公式戦などは、府中市立総合体育館において開催させていただく予定となっております。また、「ボールふれあいフェスタ」をはじめとする地域イベントなどにも引き続き積極的に参加させていただきたいと考えております。

立川市の皆様、立川・府中アスレティックFCをどうぞよろしくお願い申し上げます。アリーナ立川立飛に日本各地から強豪チームを迎え、日本最高峰のフットサルをご堪能いただきたいと考えております。また今後、地域のスポーツイベントやお祭りなどの場でもお会いできるのを楽しみにしております。

本日ご報告させていただきました弊クラブフットサルトップチームの「ホームタウン」、「ホームアリーナ」、及び「チーム呼称 / 略称」の変更に行き着くにあたり、長期間にわたってファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、サッカー・フットサル関係者の皆様、行政・議員の皆様、その他全てのステークホルダーの皆様にご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

弊クラブは、これから起こるであろう様々な変化を前向きに捉え、メンバー一同、これまで以上の努力をもって一歩一歩着実に進んで行きたいと考えておりますので、今後ともご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

NPO法人府中アスレティックフットボールクラブ
会長 千葉 岳志


DUARIG Fリーグ
2017/2018 順位表
(第33節終了時点)

順位 チーム 勝点 得失
1 名古屋 82 97
2 町田 71 41
3 湘南 70 52
4 すみだ 65 38
5 大阪 60 41
6 府中 60 17
7 浦安 41 -15
8 浜松 26 -42
9 仙台 26 -61
10 北海道 24 -58
11 神戸 21 -57
12 大分 19 -53

今後のフットサル男子
トップチーム試合予定




@

フットサル男子
トップチーム選手紹介

16_okabe_2017
名前:岡部 直樹
ポジション:
血液型:
21_shibata_2017
名前:柴田 祐輔
ポジション:ALA
血液型:A
25_kanyama_2017
名前:完山 徹一
ポジション:FIXO/ALA
血液型:A