DUARIG Fリーグ2017/2018は6/10(土)11(日)代々木で開幕!

2017年04月20日

DUARIG Fリーグ2017/2018およびDUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフの大会方式および試合方式を下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。

DUARIG Fリーグ2017/2018

20170420-002

■開催期間および試合数
2017年6月10日(木)~2018年1月8日(月・祝)
【33節/合計198試合】

■大会方式
セントラル方式、6 クラブ共同開催方式(6クラブが同一会場で2日間にわたり各2試合を開催すること。)およびホーム&アウェイ方式による3回戦総当たりリーグ戦

■試合方式
<試合方式および勝敗の決定>
40分間(前後半各20分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
<勝点>
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点
<リーグ戦順位の決定>
リーグ戦が終了した時点で、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
ただし、勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。
【1】得失点差
【2】総得点数
【3】当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
【4】抽選

■試合日程
試合日程はこちらをご覧ください。

DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ
■開催期間
2018年1月13日(土)~1月21日(日)

■大会方式
・DUARIG Fリーグ2017/2018 リーグ戦上位5クラブが出場する。
・DUARIG Fリーグ2017/2018 リーグ戦1位チームはプレーオフ決勝(以下、「決勝」という)へシードされる。
・リーグ戦1位チーム以外の4クラブによりプレーオフ1回戦(以下、「1回戦」という)を行い、1回戦の勝者によりプレーオフ準決勝(以下、「準決勝」という)を行う。1回戦の組み合わせはリーグ戦順位2位クラブ対5位クラブ、3位クラブ対4位クラブとする。また、1回戦の敗者により4位/5位決定戦を行う。準決勝の勝者は決勝へ出場する。

■試合会場
1回戦/準決勝 首都圏会場
決勝 首都圏会場

■試合方式および勝敗の決定
<1回戦、4位/5位決定戦、準決勝>
40分間(前後半各20分)の試合を行い、勝敗が決しない場合はリーグ戦上位クラブを勝者とする。
<決勝>
決勝は2試合行い、2試合が終了した時点で、勝利数が多いチームを勝者とし、優勝チームとする。
決勝の2試合が終了した時点で勝利数が同数の場合には、以下の順によって勝者を決定する。
【1】2試合における得失点差
【2】リーグ戦順位1位チーム

<年間順位の決定>
DUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ決勝の勝者を年間優勝チームとし、敗者を2位とする。プレーオフ準決勝の敗者を3位、4位/5位決定戦の勝者を4位、敗者を5位とする。6位以下については、リーグ戦の順位で決定する。


ゼビオ Fリーグ
2017/2018 順位表
(第33節終了時点)

順位 チーム 勝点 得失
1 大阪 83 93
2 名古屋 73 53
3 町田 65 29
4 すみだ 64 33
5 府中 57 8
6 浦安 48 -3
7 神戸 42 -17
8 大分 34 -9
9 北海道 34 -27
10 湘南 29 -15
11 浜松 26 -61
12 仙台 12 -84

今後のフットサル男子
トップチーム試合予定


2017/6/11 14:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 1
@国立代々木競技場第一体育館

2017/6/18 13:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 2
@住吉スポーツセンター

フットサル男子
トップチーム選手紹介

09_miyata_2016
名前:宮田 義人
ポジション:FIXO
血液型:O型
22_matsunaga_2016
名前:松永 託
ポジション:
血液型:O
21_shibata_2016
名前:柴田 祐輔
ポジション:ALA
血液型:A