本年9月以降のFリーグホームゲーム開催に関するご報告

2017年04月20日

本日、Fリーグより発表されましたDUARIG Fリーグ2017/2018シーズン試合日程に関して、府中アスレティックFCをご支援いただいている皆様へご報告をさせていただきます。

4月5日に開催されました日本フットサルリーグ(Fリーグ)実行委員会において、本年9月以降に開催を予定しておりました弊クラブ主催ホームゲームの府中市立総合体育館での開催が非承認となり、代替会場での開催を余儀なくされたことを皆様にご報告申し上げます。本決定は、弊クラブがFリーグに加盟する前から継続的に抱えております府中市立総合体育館のピッチサイズの問題(縦が既定の40mに満たない)に起因するものです。

本年9月以降のホームゲームをホームタウン府中にて開催できなくなったことにより、弊クラブを日頃よりご支援いただいております皆様に多大なるご心配・ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳なく思っております。以下、本件に関する状況説明と今後の開催について、ご説明させていただきます。

1.背景
弊クラブのホームアリーナである府中市立総合体育館は、Fリーグが求める「縦40m×横20m」のピッチサイズの基準を僅かに満たしておりませんでしたが、2008年に行われたFリーグ加盟審査において、「府中市による体育館改修の約束」を前提としてリーグ参入が認められました。
しかし、その後も体育館の改修が行われることがなかった為、Fリーグ実行委員会にて再度弊クラブのFリーグ加盟継続可否について審議がなされ、当時2016年秋に竣工予定となっていた武蔵野の森総合スポーツプラザの利用を条件に、リーグ加盟継続が承認されました。

2.武蔵野の森総合スポーツプラザの完成の遅れ
しかしながら、2016年秋の竣工が予定されていた武蔵野の森総合スポーツプラザの完成時期が諸事情により大幅に遅れ、2017年度の新シーズンの使用目途も立たなかったことから、Fリーグ実行委員会としてもこれ以上の遅滞を認めることができず、その結果として、本年9月以降の府中市立総合体育館でのホームゲーム開催を見直さざるをえなくなりました。

3.現在の状況
4月5日に開催されたFリーグ実行委員会での決定を受け、府中市立総合体育館にて開催を予定していた本年9月以降の弊クラブのホームゲームについて、府中市行政の皆様、関東フットサル連盟様、東京都フットサル連盟様、東京都サッカー協会様、FリーグならびにFリーグ加盟クラブの皆様のご協力を得て、下記の通り会場変更、開催方式変更を行うこととなりました。

F2017Homegame

4.来シーズン以降のホームゲーム開催について
弊クラブでは、引き続き、武蔵野の森総合スポーツプラザにて2018年度以降のFリーグホームゲームを開催できるように関係各所との交渉・調整を進めて参ります。
上記につきまして、皆様のご理解と今後の変わらぬご支援をお願い申し上げます。
     
     

NPO法人府中アスレティックフットボールクラブ

会長  千葉 岳志


ゼビオ Fリーグ
2017/2018 順位表
(第33節終了時点)

順位 チーム 勝点 得失
1 大阪 83 93
2 名古屋 73 53
3 町田 65 29
4 すみだ 64 33
5 府中 57 8
6 浦安 48 -3
7 神戸 42 -17
8 大分 34 -9
9 北海道 34 -27
10 湘南 29 -15
11 浜松 26 -61
12 仙台 12 -84

今後のフットサル男子
トップチーム試合予定


2017/6/11 14:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 1
@国立代々木競技場第一体育館

2017/6/18 13:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 2
@住吉スポーツセンター

フットサル男子
トップチーム選手紹介

21_shibata_2016
名前:柴田 祐輔
ポジション:ALA
血液型:A
96_kuromoto_2016
名前:クロモト
ポジション:GK
血液型:
06_seki_2016
名前:関 尚登
ポジション:FP
血液型:O