試合結果 サッカーエンジョイ 府中リーグ第5節(7/14)

2013年07月18日

試  合:府中市サッカーリーグ3部Aブロック 第5節

日  時:平成25年7月14日(日)11:00キックオフ

会  場:郷土の森サッカー場(人工芝)

対戦相手:平塚ジャンジャン

結  果:●0-3 (前半0-1)

得 点 者 :無

 

暑さにも負け、昨季のFALCOへ逆戻り!?

 

前節で星を五分(2勝2敗)に戻し、黒星先行としたいところ。しかし、本節は人数こそ集まったものの、ここ2節で連勝を飾る原因となった主軸の不在と、更には30度を超える天候(人工芝の上はそれ以上)となる中での厳しい戦いとなりました。

 

相手は、昨季も同ブロックに入り、8月下旬の猛暑の中で9人対11人での戦いを余儀なくされ、終始相手ペースの試合となり、終わってみれば0-3の完敗となった平塚ジャンジャン。

 

今回は怪我人こそいるものの16人を擁し(ちなみに相手は12人)、決して少ないとはいえない人数。試合は開始から昨季とは全く違い、お互い中盤でのボールの奪い合いで五分五分の展開となりました。

 

お互いなかなかFWにボールが収まらず、我慢のしあいが続く中、FALCOは今季から採用した3バックの攻撃的布陣と交代要員がいる気持ちの余裕で幾分押し気味の展開となりつつあります。

 

スコアレスのまま前半も29分が回りこのまま終わると思きや、一瞬の隙から相手に先制点を許す事となってしまいます。ジャンジャンがFALCOのDFライン中央裏へ出した浮き球に対し、相手FWがタイミング良く飛び出しピンチに。すかさずGK廣田も前へ飛び出しますが、相手の頭が一瞬早くボールに触れ、ボールはゴールへ吸い込まれていきました。終了間際の痛い失点で、前半を0-1で折り返す事となりました。

 

ハーフタイムではメンバー交代を行い、再び気合いを入れ直して後半に臨みます。

 

ジャンジャンは、交代要員1人と人数的な問題もあり、試合を通じて省エネサッカーに徹し、逆にFALCOは、リフレッシュしたメンバーも含めて総力戦で前半以上に攻勢を強めていきますが、決定的な場面を作るまでには至らず、後半の給水タイムまでは均衡した状態が続きました。

 

給水タイム後、FALCOは更に2トップから3トップへシステムを変更して前掛かりに攻めに出ますが、相手の守備陣も集中力を切らさずに守り切り、逆に運動量が落ち始め戻り切れないMF陣とそれによって手薄となったDFラインの空いたスペースを徐々に突かれ、カウンターから何度も危ない場面を作られていきました。

 

結局、試合終盤に更に2点を奪われ、結果は昨季と同じ0-3での敗戦となってしまいました。

 

主軸の不在、暑さによる体力の消耗、そして決定力不足・・・。昨季の戦いを彷彿させる内容で、またまた借金生活へ逆戻り、リーグ終盤に向けて上位進出が微妙な状況となってしまいました。

 

次節の予定

※下記7/28(日)に予定されていた試合が相手先の都合で延期となりました。

結果、リーグ戦残り2試合は未定の状態です。

 

【第6節】

日  程:7月28日(日)

場  所:郷土の森サッカー場(人工芝)

対戦相手:FCハーペン

試  合:15:30キックオフ
20130714_112233

20130714_112137

20130714_112045

 

報告者:荻野目


DUARIG Fリーグ
2017/2018 順位表
(第21節終了時点)

順位 チーム 勝点 得失
1 名古屋 52 54
2 町田 46 28
3 すみだ 43 27
4 府中 43 24
5 湘南 42 32
6 大阪 36 19
7 浦安 29 -4
8 浜松 18 -22
9 北海道 18 -26
10 仙台 12 -47
11 大分 11 -36
12 神戸 9 -49

今後のフットサル男子
トップチーム試合予定


2017/10/21 18:30

DUARIG Fリーグ2017/2018 22
@アリーナ立川立飛

2017/10/22 17:00

DUARIG Fリーグ2017/2018 23
@アリーナ立川立飛

フットサル男子
トップチーム選手紹介

16_okabe_2017
名前:岡部 直樹
ポジション:
血液型:
08_kamifukumoto_2017
名前:上福元 俊哉
ポジション:PIVO
血液型:AB
05_minamoto_2017
名前:皆本 晃
ポジション:FIXO.ALA
血液型:O